補助金制度を利用して、お得に設置しよう。

太陽光発電システムの家庭の普及状況

段々太陽光発電システムを導入している家庭が増えてきているというのが現状ではないでしょうか。
2011年の調査で17.5%の家庭で導入されているという結果が出ています。
2000年初期のころに比べましたら大分普及が進みつつあるということが言えます。
太陽光発電に携わるような業者というのも増えてきています。
2011年3月の東日本大震災により東北電力管内や東京電力管内は計画停電が実施されましたし、夏場は何とかして急場をしのいだということになります。
こういった大規模な災害が起こったとしても太陽光発電システムを導入していればソーラーパネルより生み出された電力を利用することで、最低限の日常生活を送ることは可能になります。
原子力発電の先行きは不透明な状況なので、停止した状況がずっと続くということであれば当然ながら電気料金は高騰するというのが明らかな状況になります。
電気料金が上がりますと負担が大変なので、太陽光発電システムの導入によって少しでも自分たちで電気を生み出すことによって災害時にも役に立ちますし、電気料金の削減にもつながるということで導入を考えている家庭が多くなってきています。
10年前に比べますと太陽光発電システムの技術が向上しているということもありますし、量産化しているということもあり導入費用が下がってきているということが言えます。
10年前は300万円以上かかるといわれていたシステムですが、家庭用で一般的に普及している3kWhから4kWhタイプのものであっても150万円から200万円というように価格が下がってきているということになります。
現状でも高いという風に思われている人は多いとは思いますが、国や地方自治体の補助金制度を利用することにより返還される金額というものも出てきます。
補助金は住んでいる自治体によっては国のものと都道府県のもの、市町村のものの3つの機関から受けられることもあります。

get( 'keyword', 8 ) ?>
get( 'comment', 8 ) ?>


Powered by WordPress and HQ Premium Themes.