補助金制度を利用して、お得に設置しよう。

太陽光発電システムの発電効率は

太陽光発電システムの導入を考えるときに気にするポイントの一つとして発電量というものがあります。
発電量というのは設置する条件によって異なってきます。
ソーラーパネルをどれくらい設置することができるのかとか、ソーラーパネル自体の発電効率とか、設置する角度や方角とか、設置する地域や気候などによって異なってきます。
発電量というのは家庭の環境によって異なるということになります。
ソーラーパネルの実力を示すものとして挙がるのが変換効率とか発電効率と呼ばれるものになります。
これは太陽からの光エネルギーをどのくらい電気エネルギーに変換できるのかという割合になります。
例えば光エネルギー100に対して変換できた電気エネルギーが15ということであれば、発電効率は15%ということになります。
当然数値が大きいほど高性能のものになります。
現在市販されているソーラーパネルの発電効率は最大でも20%程度ということになります。
高性能のものほど価格が高くなるということが言えます。
ソーラーパネルをどの種類のものを使用するのかというのも一つのポイントになります。
現在市販されているものとしては単結晶シリコンや多結晶シリコン、ハイブリッド型、化合物の4種類があります。
この中で一番高性能なものとしてはハイブリッド型になります。
単結晶シリコンにアモルファス・シリコンを組み合わせたパナソニックの「HIT」と呼ばれるものが一番発電効率が高くなっています。
続いて高性能なものということで言うと古くからある単結晶シリコンになります。
これは製造にかかるコストが大きい代わりに比較的発電効率がいいものになります。
製造にかかるコストを軽減するために生まれたのが多結晶シリコンになります。
単結晶に比べると発電効率は劣りますが、少しずつその差は埋まりつつあります。
最後に化合物(CIS太陽電池)タイプはシリコンを使用せずに銅やインジウム、セレンを使用したものになります。
製造コストは安いわけですが、その分だけ発電効率が一番劣るということになります。

get( 'keyword', 9 ) ?>
get( 'comment', 9 ) ?>


Powered by WordPress and HQ Premium Themes.