補助金制度を利用して、お得に設置しよう。

気温が高いと発電量が増えるのか?

太陽光発電システムの仕組みとしては、太陽が出ている時にソーラーパネルにより光エネルギーを電気エネルギーに変換しパワーコンディショナーに送られます。
そこで直流電力を家庭用に使用できる交流電力にしたのちに配電盤に送られ、コンセントを差すと電気が使える状態になります。
このように晴れの日の昼間は自家発電を行ってくれるので電気を電力会社から購入する必要はなく自分たちで賄うことができ、余った電力に関しては電力会社に売ることができます。
昼間自家発電した電気を夜使用したいという風に思う人もいるかもしれませんが、電気の性質上電気を貯めることはできませんので、夜は電力会社から電気を購入せざるを得ないということになります。
太陽光発電は晴れている時と曇りや雨、雪の時とでは全然発電量が違ってくるというのは恐らく分かっている人が多いでしょう。
太陽光発電は太陽が出ている時に発電を行うわけですから、太陽が照れば照るほど発電量が多いのではないかと思うかもしれません。
そこで気になることとして、温度差(季節差)によって発電効率であったり発電量が変わってくるでしょうか?
夏の最高気温が30度を超える時期には太陽光発電システムがフル稼働して多くの発電量を期待しますが、実際は温度が上がれば上がるほど発電効率が下がってしまうということになります。
最高気温が30度を超える時期というのは屋根はもっと暑くなっているということが予想されますので、発電ロスが10%から15%は出るということになります。
ただ、屋根にソーラーパネルを敷き詰めている影響で、室内は比較的快適に過ごせるかもしれません。
実際のところはソーラーパネルが25度より気温が上昇すると発電効率が下がる傾向にあります。
最も効率的に発電できる季節ということになりますと2月から5月中旬ということになります。
最近の傾向として気温が上昇しても発電効率が低下しづらいソーラーパネルというのも開発されています。

get( 'keyword', 2 ) ?>
get( 'comment', 2 ) ?>


Powered by WordPress and HQ Premium Themes.