補助金制度を利用して、お得に設置しよう。

今後について

2011年の東日本大震災を境に太陽光発電システムに興味を持っている人もいるでしょうし、もうすでに導入している家庭もあるでしょう。
どちらにしても、太陽光発電システムの今後がどうなっていくのかということについて興味を持っているのではないでしょうか。
そういう人たちに向けていくつか紹介します。
やはり導入するときにネックになっていることとして挙げられるのが導入コストが高いということです。
導入コストが高いがゆえになかなか手が出せないということがあります。
導入コストの件でいうと国内外メーカーの技術革新などが進んでいますので、ソーラーパネルや周辺機器の性能はどんどん上がっています。
それにもかかわらず、国内外メーカーの競争が激しいということもあり価格は下がってきているというのが現状です。
現状のソーラーパネルの仕様でいうと変換効率は10%から19%程度になります。
現状はシステム1KW当たり40万円から55万円のコストがかかりますので、トータルでは150万円から250万円というのがシステム導入コストになってきます。
まだこれでも高いという風に感じる人は多いということになります。
将来的な変換効率の目標は2025年に25%、2050年には40%ということになります。
まだまだ技術革新の余地はありますし、導入コストも下がってくるということが予想されます。
そこでどのタイミングで導入するといいのかということになりますと、自分の決めたタイミングで購入すればいいのではないでしょうか。
結局のところシステム全体の価格は下がっていくことになったとしても、導入時の補助金の額や売電価格は確実に下がるというのは間違いないことです。
あとは電気は貯めることができないという性質がありますが、これについては蓄電池と併せたシステムの導入が解決策になるのではないでしょうか。
これによって日中だけでなく夜間や悪天候の時でも自家発電が利用できるということになります。
まだまだ導入に向けてはコストが高いです。

get( 'keyword', 4 ) ?>
get( 'comment', 4 ) ?>


Powered by WordPress and HQ Premium Themes.