補助金制度を利用して、お得に設置しよう。

太陽光発電システムの値段は?

太陽光発電システムを導入するときにはどのくらい導入費用がかかるのかということが心配なのではないでしょうか。
原発が稼働しないということもあり光熱費が上がるとも言われている中で導入したいという風に思っている家庭も多いのではないでしょうか。
導入費用が高すぎるといって二の足を踏んでいる家庭もあるかもしれません。
実際に導入するときには太陽光発電で必要となるソーラーパネルやパワーコンディショナー、発電モニターなどの購入費用に加えてそれぞれの工事費用を考慮に入れないといけないということになります。
この中で一番かかるものといえばソーラーパネルの費用ということになります。
海外メーカーのものになりますと販売単価が低くなっています。
ソーラーパネルの購入費用を安くすることができるのであれば、導入費用は安くすることができるかもしれません。
導入にかかる費用を算出する基準としては国による補助金から算出するといいかもしれません。
平成24年度であれば1KW当たり55万円以下(工事費用も含む)でないと国による補助金が支給されないということになります。
1KW当たり60万円ということになりますと、国による補助金が支給されないということになりますので注意しておいたほうがいいでしょう。
そう考えると、家庭で導入される太陽光発電システムの容量は3KWから5KWというのが標準的なので、その導入にかかる費用としては165万円から275万円程度ということになります。
導入費用としてはこれくらいの金額を想定しておいたほうがいいということになります。
確かに導入コストとしては高いですけど、国や地方自治体による補助金によっていくらか戻ってくるお金が出てくるでしょうし、自家発電によって電気料金が削減することができるでしょうし、余った電力を電力会社に売ることができる売電収入というものもありますので、導入コストがあらかじめ用意できるのであれば、導入コストは12年から15年程度で回収できると言われています。

get( 'keyword', 5 ) ?>
get( 'comment', 5 ) ?>


Powered by WordPress and HQ Premium Themes.